2005年12月31日

12・29在大阪中国総領事館行動

12月29日、14名の解放を求める韓国、香港、日本での国際共同行動が取り組まれました。日本では東京・大阪で中国大使館・領事館に対する要求行動が行われました。

(東京の報告については以下から読めます)
http://www.labornetjp.org/

大阪では、まずうつぼ公園に集合し、約20名で領事館に向かったところ、前回同様警察による執拗な妨害を受けました。参加者の姿・顔をしつこく撮影する公安刑事に抗議した参加者が手をはたかれ、周りの参加者でこれに抗議するという場面もありました。
私たちよりはるかに多い人数の警官がインターホンの回りに集まった参加者を取り囲み、「交通の邪魔だから」などという警官自体が道路をふさぎ、通行の邪魔をしている、という異様な状態でした。

protest20051229_4.jpgprotest20051229_1.jpg

前回とおなじく、領事館関係者は誰も外にはおらず、インターホンを押しても今度は返事もなし。10分ほどしてその場から電話をかけ、出た職員に「申し入れをしたいので出てきてほしい」と言うと、話が終わらないうちに途中で通話をぶちっと切られるという、信じがたい対応をされました。

もういちどかけてみると、「もしもし」と言った瞬間に切られ、3度目にかけてみると、留守電になっていました。一国の領事館としての職務を放棄したにひとしい対応に一同あきれはて、今後もさまざまな方法で抗議を行っていくことを確認し、申し入れ書を読み上げ、ポストに投函し、「N君をかえせ!」「仲間をかえせ!」とシュプレヒコールをあげてから引き上げました。

protest20051229_3.jpg

29日の時点で、声明には団体53件、個人81件、計134件の賛同をいただきました。ありがとうございました!

protest20051229_2.jpg
posted by anti-wto at 18:17 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11205896

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。