2006年01月16日

私たちは団結できる! ともに感動し、勝利することができる!(N君帰国アピール)

 私は、昨年12月に香港で開催されたWTO世界貿易機構会議への国際的な抗議行動に参加し、香港当局により13名の仲間とともに逮捕・起訴されました。いまだ3名は公判を抱えていますが、香港の仲間をはじめ、韓国やフィリピンなど世界中の仲間が抗議の声を集中するなかで、11名の起訴を取り下げさせ、14名全員の帰国を勝ち取ることで、ほぼ全面的な勝利を得ることができました。これは、WTOという共通の敵に対してともにたたかった、世界中の労働者・農民・市民にとっての画期的な勝利だと思います。

 いま、新自由主義が世界中の仲間の生活を破壊し、命を奪っているなかで、WTOもまたその中心的な役割を担っています。奴らの言う自由は、多国籍資本のみに自由な活動を保証し、富める者はますます裕福に、貧しいものはますます貧しく、死へと追いつめられるという現実を私たちに突きつけています。私は香港滞在中にアジアやアフリカや南米の仲間たちと出会い、お互いの貧困と、貧困に対するたたかいを分かち合ってきました。

 インドの仲間は、多国籍資本がごり押しする農村の機械化にともなって地域の文化が破壊され、仕事を奪われ、行き場を失った農民が都市に出てスラムに入り、さらに貧困をなめ尽くすという現実を訴えていました。アフリカの仲間は、先進農業国の作物が輸入自由化により流入したために収入が3分の1に激減したことを嘆いていました。フィリピンやインドネシアの女性労働者は、農村では仕事がないために他国に出稼ぎに出るものの、わずかな賃金で機械のように働かされて使い捨てられる現実に、声を上げていました。韓国や香港では非正規雇用が拡大し、若者の貧困化が急速に進行し、野宿を強いられる仲間も増え続けています。コメの輸入自由化により窮地に陥った韓国の農村は、何人もの自殺者を生み出し続けています。

 私は、日本では3万人が野宿を、3万人が自殺をしている現実を伝えました。私の身近な仲間がひとりまたひとりと命を落とし続けていること。飢えや寒さにふるえながら仕事を求めたり、わずかな金さえあれば治るはずの病気で死んでく仲間たちの生き様。「豊かな経済大国」であるはずの日本の実態に、ほとんどの仲間が驚きため息をついていました。

 私たちの暮らす社会は今、世界中できしみ、悲鳴を上げています。それは日本だけ、一国だけの事態ではなく、国境を越えて活動する世界資本によってもたらされているのです。

 しかし世界の仲間も、決して黙って死を待っているわけではありません。世界中で新自由主義に、自由貿易に、多国籍企業に抗議をする、命がけのたたかいが展開されています。香港でのWTO抗議行動は、彼ら世界の仲間の「もう一つの世界を!」という声を結集させる舞台でした。

 数千人の仲間が一週間にわたって香港市内を闊歩し、資本が人間を搾り取る自由を糾弾し、ひとりの人間としての尊厳を求める声を上げ続けました。特に韓国の仲間は、「死の行列を止めるため」のたたかいとして、警察との激しいぶつかり合いだけでなく、民族の楽器を打ち鳴らし、たたかいの歌を歌ったり、路上に寝転がったり土下座をしたり祈りをあげたりと、多彩で豊かな表現で私たちを惹きつけ続けました。香港市民も私自身も、その情熱あふれる姿、力強い説得力に強く感動し、共感したのです。

 香港当局は、抗議行動の盛り上がりに恐れ動揺して、12月17日のデモで1000人以上を根こそぎ逮捕した上、闇雲に14名を起訴するという暴挙に出ました。その時点で私たちのたたかいは大きな前進を勝ち取っていたのです。韓国の仲間の戦闘性ばかりが強調されがちですが、その日のたたかいはアジア・アフリカ・南米のなかまがいっしょに、またそれぞれの文化ややり方を尊重しながらの、豊かな笑顔の輝いた美しいものでした。警察との衝突の際にも、私は右にインドネシアの仲間、左に台湾の仲間とスクラムを組んでいたのです。新自由主義を決して許さない各国の仲間が国際的な連帯を果たしたたたかいにより、香港当局を恐怖に陥れたのです。

 逮捕・拘留された仲間を奪い返し、無罪放免を勝ち取るたたかいもまた、海を越えた貧しい労働者・農民の連帯によってたたかい取られてきました。この反弾圧闘争は、デタラメで非民主主義的な逮捕・起訴への抗議というだけではなく、新自由主義とのたたかいに対する弾圧への抗議として反WTO行動の延長戦として取り組まれました。韓国の民主労総の仲間は「私たちはWTOとたたかってきたのであり香港行政に対してではない。だが、14名を起訴し続けている現実は香港当局がWTOの奴隷であることを示しているのだ」として、香港当局を糾弾しながら反WTO・反新自由主義の立場を明確に示しました。14名全員の帰国を勝ち取った1月11日の公判にも、韓国をはじめフィリピンやマレーシア、インドネシアなどから農民・労働者の代表が駆けつけ、各国においても中国領事館への抗議行動が取り組まれました。

 いまや、海を越えて活動するのは資本だけではありません。私たち、たたかう貧しき者たちもまた、海を越え、国境を越えて仲間と結びつきたたかうことができるのです。新自由主義的グローバリゼーションに対し、たたかいのグローバリぜーションを前進させつつあるのです。

 反WTO弾圧闘争はこのように、国も民族も、言葉も文化も、職業も世代も違う仲間であっても、共通の敵に対してともにたたかう国際連帯闘争の歴史的な一歩を刻むものなのです。もちろん東京と大阪で中国大使館・領事館に抗議に押しかけたたたかいは、香港を通じ世界中に届けられています。韓国の仲間とともに一週間のハンガーストライキをたたかった私もまた、世界中の仲間の支えがあったからこそたたかい抜くことができ、起訴取り下げを勝ち取ることができたのです。世界中の労働者・市民・農民にとっての画期的な勝利たるゆえんはこうした点にあります。残る3名の無罪を勝ち取る闘争もまた、国際連帯により必ずや勝利を得られると信じています。

 私を含む被拘束者の救援に奔走して頂いたみなさん。香港・反WTO闘争に参加されたみなさん。
 そして新自由主義グローバリズムと闘い続けているみなさん。

 私たちは連帯することができる。団結し、たたかうことができる。ともに感動し、勝利することができる。この確信を持って、様々な違いを乗り越え、新自由主義という共通の敵に対しともに手を結びあって、たたかいを進めていく決意を表明して、帰国の挨拶に代えさせて頂きます。
posted by anti-wto at 02:12 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

Nくん帰阪

きのう(金曜)15時に関西空港に到着、夕方大阪にかえってきました。
1週間ちかいハンストで消耗しており、大きな声があまりだせないとのことでしたが、まあ元気な感じでした。近いうちに、本人からのアピールを載せられると思います。
救援会では、引き続き起訴された韓国の3名の無罪・起訴取り下げを求める取り組みを続けるとともに、来月はじめをめどに報告集をまとめる予定です。
posted by anti-wto at 01:52 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

N君解放!

今日の裁判報告です。

「N君を含む11名は起訴取り下げ(無罪)。3名の韓国メンバーは起訴され、本裁判へ移行」

「ただし、3名の保釈条件は緩和され、3万香港ドルの保釈金で一時帰国できることとなった」

「本裁判は、3月上旬に予定」

ということです。いずれにせよ起訴されたメンバーも含め、14名全員がチケットが取れ次第帰国していく、という方針のようです。

現地では簡単に報告集会を持ち、N君らはさっき宿舎の教会に帰ってきたとのことです。ひとまず、11名については勝利といっていい内容だと思います。

N君からのメッセージをお伝えします。
「とにかく早く仲間の元に帰りたい気持ちです。みんなにありがとうと言いたいです」
救援会としても、この間さまざまなかたちでご支援いただいたみなさまに、あらためて感謝いたします。

今後についてですが、N君は解放されたとはいえ、3名の起訴されてしまった仲間への無罪判決を求める行動も引き続き必要だと思います。N君たちの反WTO・反弾圧のたたかいについて日本での報告集会をぜひ持っていきたいとも考えており、救援会の活動はしばらく継続していく予定です。
今後とも、ご支援・ご注目をよろしくお願いいたします!

反WTO闘争弾圧救援会
posted by anti-wto at 21:19 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

抗議FAX・メールの宛先

整理しました。こちらからどうぞ。
http://anti-wto.seesaa.net/article/11204471.html

明日11日の予審を控え、香港当局に起訴を撤回させるために今日がひと勝負の日です。
ぜひとも、ご協力をお願いします。
posted by anti-wto at 03:49 | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

1・9大阪駅前情宣活動報告

 本日9日は、11日の予審に向けて、14名のWTO被弾圧者の即時解放を求める国際連帯同時行動が取り組まれました。

20060109_1.jpg

 大阪では、JR大阪駅前で街頭情宣・ビラまきを行いました。緊急の呼び掛けにもかかわらず、10数名が集まり、WTOの推し進める政策を批判し、今回の弾圧の不当性をアピールしました。

20060109_2.jpg

 公安・警察は遠巻きに監視していましたが、直接的に介入することもなく、駅前の通行人に対してハンドマイクで快調にアピールすることができました。通行人の中には、自分からビラを取りに来てくださる方もおり、ビラはけは非常によく、用意していた400枚弱のビラも一時間ほどで一気になくなりました。

20060109_3.jpg

 大阪のほかに、東京では集会が取り組まれ、東京・六本木駅や長野・松本駅で駅前街頭ビラまきが行われるなど、日本の救援活動も広がっています。また、8日付の朝日新聞では、3名の韓流スター(イ・ヨンエ、イ・ビョンホン、アン・ソンギ)が14名の早期帰国を求める嘆願書を香港政府に提出したとの報道がありました。

[時事通信]韓流スター3人が請願書=WTOデモ拘束者の釈放要求―香港
http://www.ocn.ne.jp/news/data/20060107/a060106190704.yoyq1r02.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060107-00000038-jij-ent
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1612717/detail

<現地香港より続報・みなさまへのお願い>

 11日の予審では、起訴が確定される危険があります。1月5日より始まったWTO被弾圧者12名の無期限ハンガーストライキは、現在も続けられ、救援弁護士や現地救援会も起訴取り下げ・早期帰国を求めて、連日の活動を続けています。香港警察による弾圧を跳ね返すには、現地だけではなく国際的に私たちの声を届ける必要があります。引き続き、起訴取り下げを求める手紙を香港政府に送って下さい。(簡単なもので結構です。)

※手紙のサンプルは以下にあります。
http://daga.dhs.org/hkpa/index.html

【香港当局】
曾蔭權 行政長官:FAX+852-2509-0577 メールceo@ceo.gov.hk
李少光 保安局局長:FAX+852-2868-5074 メールsbenq@sb.gov.hk
李明逵 警務署署長:FAX+852-2528-9400 メールcp@police.gov.hk
Pascal Lamy:FAX+41-22-731-42-06 メールenquiries@wto.org

※手紙の写しを以下へも送っていただけると幸いです。
【香港現地】
antiwto2005@naver.com
hkpa.documentation@gmail.com

【日本側救対】
people@jimmin.com
06-6572-9441(人民新聞社FAX)
posted by anti-wto at 23:24 | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

N君からのメッセージ 1/9

みなさん、お疲れさまです。

私が香港に到着して、一ヶ月が過ぎました。この間は驚きと感動の連続でしたが、いまは、とてもたくさんの人々が私たちとともにたたかっていることに、強く感動しています。

ハンストをしているフェリー乗り場前には、連日たくさんの香港市民の方が応援の声を寄せてくれています。支援のスタッフも若い仲間を中心に、毎日毎日がんばっています。

すべての人に感謝をしたい。そして、このようなたたかいを仲間と一緒にたたかえる私は、しあわせです。

ですが、私は今すぐに大阪に帰らなければなりません。大阪市は靱(うつぼ)公園や大阪城公園で強制排除に向けた手続きに入りました。長居公園では少年らによる連続襲撃事件でついにケガ人が出ています。心労で倒れた仲間もいます。

仲間のいのちが危機にさらされている!私の大切な友人である野宿の仲間たち!
もっとも貧しきかれら!WTOの導く、競争社会の犠牲者であるかれら!
私はいますぐにかれらのもとに帰りたい!帰って一緒にたたかいたい!

悔しいです。

ですが、それがかなわない今、私はこの香港で韓国の仲間とともに、精一杯のことをしたいと思っています。完全な釈放を勝ち取る日まで、つねに野宿の仲間のことを心に置きながらたたかいます。
posted by anti-wto at 23:10 | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

1・9国際連帯行動in関西・東京

12名がハンガーストライキに突入して3日が経ちました。
みなおおむね、体調は問題ないとのことです。検察側の捜査は続いていますが、N君に対するものをふくめて証拠を思うように追加できていないとのことで、ずさんな逮捕・起訴の不当性がますますあきらかになってきています。
11日のpre-trial hearing(予審)に向けて、9日には14名の即時解放をもとめる国際連帯同時行動が呼びかけられています。その一翼を担うべく、大阪では梅田で街頭情宣を行います。ご参加を。

失業と貧困、生活破壊を生み出すWTO反対!
N君たち14名をかえせ!梅田情宣行動

1月9日(月)13時〜15時(予定)
JR大阪駅御堂筋口バスターミナル付近にて

地図:
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=34/41/57.048&el=135/30/00.923&scl=10000&bid=Mlink

反WTO闘争弾圧救援会

=============
東京では、以下の行動が持たれます。関東の方はぜひこちらに参加を。

 香港WTO閣僚会議への反対行動で弾圧を受けた仲間たちは、1/5から「連帯と正義のためのハンスト闘争」に入っています。また、毎晩夜7時から(現地時間)、連帯のろうそく集会が行われています。また、国会議員レベルでの国際的な申し入れ行動なども進んでいるようです。
 1/9は「WTO反対、逮捕者の即時釈放を求める国際行動デー」となっており、日本においても以下の行動に取り組みます。日本人Nさんを含む14人の即時解放を要求する声を、中国政府、香港特別行政区政府に突きつけましょう。ご参加をお願いします。

■街頭ビラまき情宣
日時:2006年1月9日(月、休)午後2時
場所:地下鉄六本木駅 1A出口集合
※中国大使館の最寄り駅である六本木駅周辺で街頭情宣を行います。

■集会
逮捕・起訴した14人をただちに解放せよ!
香港WTO抗議行動被弾圧者に連帯する1.9緊急集会
日時:2006年1月9日(月、休)午後6時
場所:文京区民センター2B会議室
   東京都文京区本郷4−15−14
   http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumincenter/index.html

主催:反WTO闘争弾圧救援会・東京
   〒111 東京都台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館気付
   電話: 090-1429-9485(荒木)
posted by anti-wto at 09:40 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

N君を含む12名、明日(1/5)からハンストへ!

(英語原文)
http://daga.dhs.org/hkpa/index.html

14名のWTO被弾圧者のうち12名は、1月5日より無期限のハンガーストライキに入ることを決断しました。今回の件の不公正さのみならず、かれらが香港にやってきた理由、すなわちWTOへの抗議について、より関心を集めることが主要な目的です。かれらのたたかいは、けっして香港の人々に向けられたものではなく、非民主的なWTOの機構と、労働者・農民たちとのなんら実質的協議もないまま推進されている自由貿易政策に対してのものだったのです。

【行動への呼びかけ】
香港政府・香港警察に対し、14名のWTO被弾圧者の即時解放を求めるべく、国際社会が怒りの声をあげていくことを呼びかけます。ハンガーストライキとともに予定されているさまざまな行動に、諸個人・諸組織の参加をもとめます。

【あなたができること】
1.国際支援の手紙キャンペーン
曾蔭權(ドナルド・ツァン)行政長官に14名の即時解放をもとめる手紙を送ってください(末尾のサンプルを参照のこと)。手紙の写しを「WTO被弾圧者の即時解放を求める国際委員会 "International Committee for the Immediate Release of the WTO political prisoners"」宛に送ってください。

antiwto2005@naver.com
hkpa.documentation@gmail.com.

2.国際行動デーを組織しよう
関係団体・個人のみなさんに、2006年1月9日の午後12時より中国大使館前で抗議行動を組織していくことを呼びかけます。抗議行動に加え、大使館職員に面会し、14名の即時解放を要求してください。

国際行動デーについての情報を以下まで送ってください。
antiwto2005@naver.com
hkpa.documentation@gmail.com.

3.香港への国際連帯派遣団に参加を
労働組合、人権団体、市民運動団体、農民運動団体、その他社会運動の指導者たちによる国際代表団の香港訪問を準備しています。日程は、香港の支援団体により組織されている1月8日の集会からはじまり、1月9日の国際行動デーと記者会見に参加し、香港政府・司法の主要人物と1月10日に面会、1月11日に予定されている裁判(pre-trial hearing)の傍聴で締めくくられます。

国際連帯派遣団の詳細については以下まで連絡を。
Elizabeth Tang of the HKCTU at 852-9091-9088
Jin Sook Lee of the KCTU at 852-6733-8395

4.連帯ハンガーストライキの呼びかけ
1月5日から11日までの期間内に、諸個人・諸団体に1食もしくは1日の連帯ハンガーストライキを呼びかけます。

連帯ハンストについての情報は以下まで。
antiwto2005@naver.com
hkpa.documentation@gmail.com.

5.財政支援の呼びかけ
抑留によって被弾圧者が受けている財政負担への支援を呼びかけます。

カンパ振込は HKBS 001-393248-001 もしくは小切手 Student Christian Movement of Hong Kong 宛まで。

小切手の送り先:
Mr. Chan Chiu Wai at 7/F
Wing Wong Building 557-559 Nathan Road Kowloon, Hong Kong.
("support for arrested WTO protestors"と明記のこと)

WTOに反対する香港民衆連合
声明ワーキンググループ

www.hkpa-wto.org

=========
【手紙の例】

Mr. Donald Tsang
Chief Executive
Special Administrative Region of Hong Kong
People's Republic of China

Via fax: 852-2509-0577 or Via e-mail ceo@ceo.gov.hk

January 4, 2006

Dear Chief Executive Tsang:

On behalf of ________, I am writing to express our deep concerns about the arrest of 14 protestors
from South Korea, Japan, Taiwan, and mainland China, who are facing charges of unlawful
assembly for the events that transpired on the December 17, 2005 near the vicinity of the 6th World
Trade Organization’s Ministerial Conference site in Hong Kong.
The 14 protestors charged were among more than 1,300 people arrested on the night of December
17 questioning the on-going negotiations within the conference site, which would undoubtedly be
detrimental to the livelihood of farmers, workers, and people around the world. The protestors
were attempting to voice their frustration and desperation at yet another round of the WTO
Ministerial conference that yielded no measures to alleviate poverty or to address their concerns.
Although all fourteen are released on bail, it is our understanding that the Hong Kong government
has formally charged them with “unlawful assembly” and they are considering adding new charges.
We are very concerned by the actions of the Hong Kong government and the police. Thus, we
strongly call for the immediate release of the 14 protestors so that they can return home to their
families.
We must also voice our serious concerns at the uncalled for and excessive use of force by the Hong
Kong Police during the night of the 17th. Many were injured, and electric shock batons were used,
while reports of ‘beanbags pellets’ being fired upon have also been confirmed. We have been told
that there were numerous instances of human rights violations during the process of detaining over
1,300 protestors that have been documented by human rights organizations. We urge that an
impartial and thorough inquiry into the human rights violations and the violence used on the part of
the Hong Kong police be pursued.
As concerned __________ regarding this matter, we would like to point out that a failure to
properly investigate and rectify human rights violations would reflect negatively on the human
rights standards of the Special Administrative Region of Hong Kong. A harsh sentence for the 14
would also put into question the democratic tolerance of the region, taking into account that no
foreigners have been arrested in previous cases of similar demonstrations.
We will continue to monitor closely the proceedings regarding the 14 protestors and again stress our
call for the immediate release of the 14 activists.
We thank you for your attention to this urgent matter.
Sincerely,

(list of signatories)

CC: Pascal Lamy
Fax: 41-22-731-42-06 or enquiries@wto.org
posted by anti-wto at 23:50 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。